2019年11月15日 更新

家族だからこそ、感謝しなくていい、離れてもいい3

31 view お気に入り 0
②子供はなんとか親の期待に応えようとして壊れてしまうから
そしてここが重要。どんな親の元に産まれたとしても、一番最初のまっさらな状態のときは、子供は親が大好きだ。だから、親が期待したこと、親が甘えてきたことに応えようとしてしまう。
例えば俺のケースでは、10歳のころ、母親から父との不仲、離婚の相談を受けていた。母の辛さを汲み、離婚を勧めていたのは小四の俺だ。
 うおおぉい!! 10歳に何聞いてんのマジで!? と二十三年後、33歳になった俺は母にツッこんだ。普通に考えて、子供に聞いていい内容ではない。
 しかし、子供は親の期待に応えようとする。分別のある親なら、子供に甘えることなどほとんどしないだろうが(普通の家庭で育ったことないのでわからないが)、毒親からどんな無茶を言われても、それに応えようとする。そして子供がそれによってどんなダメージを受けても、
「親に迷惑をかけてはいけない」
「親に心配をかけてはいけない」
と自分を限界以上に追い込んでしまう。そして壊れてしまうのだ。
 できれば壊れる前に、もし壊れてしまったなら今からでもいい。家族だからこそ、離れるべきだ。
 もう十分なんだ。君は本当によくがんばった。底なしに君に期待をかけてきたり、甘えてくる親ではなく、君自身を大事にしていいんだよ。
 (130)

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキュレーター

井上貴元 井上貴元

この記事へのコメント

コメントはまだありません

コメントを書く